FC2ブログ

男の裸、美少年、美青年、イケメン、ノンケ、ゲイ、ホモ、男子 画像 イラスト CG 小説 ブログ。

ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装少年こうして僕が歩いている姿を遠巻きに見ながら卑猥な指示を出す。僕は女の子の格好で街を歩かされた。慣れないスカートとヒール。ぎこちない歩き方をしているのは自分でも判る。あの夜、僕はメールで正直に切り出した。

”17です。女装に興味があります。けれど、最近毛が濃くなって来て。綺麗な女の子にはなれないかも知れないけれど。”

何通も返信があった。全て準備してくれると言うその人に返信した。”今週土曜日、渋谷のコインロッカーに一式を置きます。それを全部身に付けたら、ハチ公の前で立っていてください。”

言われたように近くのトイレで着替え、僕はその格好で立っていた。ドキドキした。何人もの人と目が合った。バレてるのかそうじゃないのか。。。メールのバイブがポケットを奮わせた。

”可愛いね。本当に女の子に見えるよ”


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

男娘頭の良さそうな少年「宮田君。遅かったね。約束の時間より8分26秒の遅刻だよ。」

放課後の自転車置き場に呼び出された宮本はゆっくりとその少年に近づいた。

宮田「ふ、冬木。。。ご、ごめん。。。」

冬木「僕はね、いいんだよ。今度から気を付けてくれれば。」

宮田「さ、サッサと終わらせていいかな。。。」

冬木「ナニ?これからバイト?遅刻して来てずいぶん勝手なんだね。」

宮田「ち、違う。。。こんなこと早く終わらせたいだけ。」

冬木「なるほどね。でもみんなは何て言うかな?どうする?みんな。」

駐輪場の影から何人もの生徒が出て来た。

冬木「!?!冬木!ど、どういうこと?!約。。」

冬木「約束ってさぁ。時に守られたりしないことがあるんだよね。ごめん。つい口がすべっちゃってさ。みんなに話したら混ぜてって言うから。みんな仲間外れにしちゃったら悪いじゃん。」

ニヤニヤした生徒達が宮田を囲んだ。

テーマ:♂ゲイ全般♂ - ジャンル:アダルト
赤襦袢男「はぁ。。はぁっ。。よ、良かったぞ。。。お凛。。。」

お凛と呼ばれた女郎は、表情も変えず黙って襦袢をまとった。

男「しかし。。。相変わらず綺麗だが、体は売っても心までは売らんか、お凛。」

お凛は黙って乱れた髪を整える。

男「女将に聞いた。お前は、ある人を待っておるそうだな。お前の心にはその男だけか。。。」

お凛「その話はよしてくださいまし。ウチがお気に召さないなら、もう買うてくれなくても結構どす。。。」

お凛は冷めた表情で言い放った。


女装少年少年A「約束通り、ちゃんと付けて着てくれたん?浅野くん。」

浅野「こ、こんなん。。ホンマにヤメよ。。。」

少年B「ええ?ホンマはエエ感じなってもうて勃起してんのんちゃうん?エエから、早よ見せてーや。」

少女「なぁ。アンタ、ホンマにウチの下着付けてんの??」

少年A「今からそれを確かめんねん。約束やからな。時田とエエことしてたんバレてまうで。」

少年B「ほら早よ脱いで見せんと。」

少年は唇を噛み締めながら制服を脱いだ。

テーマ:♂ゲイ全般♂ - ジャンル:アダルト
オカマ女「遅れてすいません!ごめんなさい!」

カメラマン「あにやってんだよ!たく、ドンくせぇな、サッサと準備しろ!すんません島崎さん。。今すぐスタンバらせますんで。ナルミ!おら早くしろよ!」

女「ごめんなさい!」

私は、最近カメラマンの助手を始めたばかりの駆け出し。ナルミ(19)。先生(カメラマン)は、商品撮影からグラビアまでなんでもこなすカメラマン。この人の元で毎日怒られながら頑張っている。プロデューサーやスタッフに挨拶し、名刺を渡した。

プロデューサー「どうも。島崎と言います。今日は頼むね。軽く流れを説明するけど、春から売り出す新刊の撮影なんだ。ナルミちゃん?だね。う~~~ん。大丈夫かな~。。。」

カメラマン「島崎さん、大丈夫っすよ。グラビアには何回か同行してますし、大体、女だからって仕事を選べる立場じゃないのはコイツも判ってますから。な、ナルミ。」

ナルミ「はい!平気です!」

島崎「そっか。じゃあ説明するね。新刊のタイトルは“女装自身”。つまり、女装をテーマにした雑誌だ。」

テーマ:♂ゲイ全般♂ - ジャンル:アダルト
女装子女の声「へぇ~。思った以上に似合うじゃない。どう?美緒の制服と下着の着心地は。」

少年「こんなこと。。。ヤメてください。。。」

放課後のロッカールームで、少年は女子用の制服を着て立たされた。

女の声「驚いたわ。あの子が男に興味持つなんて。。。女の子みたいな顔だからかしら?ヤったの?アナタたち。」

少年「し、してません!」

女の声「ヤッたんでしょう!!!」

女は突然大声で詰め寄り、少年の髪を掴んで覗き込むように睨む。

少女少年

少年A「あ!女男のユウキが来た!逃げろ!」

少年B「うぇー~い!女ぁ!女男ぉ!ふぇっふぇっふぇ!」

少年C「女なんだから化粧しろよオカマぁ!」

産まれた時から女として育てられて来たユウキも小学校に入り、物心の付いた同級生や学校の子供達にイジメられはじめた。そんなユウキは、いつも知らん顔で無視して過ごす。もちろん友達なんかいない。たった1人を除いて。

ツグム「お前ら!またユウキ虐めやがって!」

ツグムはユウキのたった1人の友達。幼なじみ。ツグムの母はユウキの家に住み込みで働いているお手伝いさんだ。小さい頃からユウキと一緒に育った、兄弟のような関係だ。

少年B「ツグム!お前、ユウキのことやっぱ好きなんだろ!」

少年A「ふぇふぇー!ホモー!そういうのホモって言うんだってよー!ホモだ!ホモ!あっち行け!ホモーーー!」

2人はいつもそうやってからかわれた。ユウキはその度に殴りかかろうとするツグムの手を引いて、

ユウキ「行こ。」

相手にせずに黙って立ち去る。

テーマ:女装SM - ジャンル:アダルト
スク水

主将「かー!しかし今年もこの日が来たなー!」

副主将「まぁ、自分も通って来た道とは言え、毎年笑えるからなー!」

部員A「去年の自分達もシンドかったっすよ。。。一体いつから始まったんすか、“新人は初日は女用水着で入部すること”ってのは。」

主将「知らん。オレが入った時はすでに恒例だった。まったくおぞましい企画だぜ。。。」

部員B「でも今年はたった1人っすからね。。。どんなヤツなんすか?」

副主将「いや。実は我々も今日はじめて会うんだ。事前に会ってるのは監督と今、着替えを指導してるマネージャー(♀)だけだ。」

主将「監督がどっかの中学から見つけてきたらしい。まぁ、大したヤツじゃないのは確かだ。ウチに入るくらいだからな。」

部員C「主将がそんなんでそうすんすか。。。」

部員D「あぁ。。。でもホントやめませんか?この行事。去年なんかオレたち5人入って、1分で終了したイベントですよ。。。て言うか女用の水着って着るのはもちろん脱ぐのも大変なんすから。」

主将「判っている。しかし監督がヤルってんだからしょうがないだろうに。」

部員C「ハッキリ言ってこのイベントのせいで絶対ヤメますよ。普通。同期の石川なんかダイエットが目的で入部したのに、あの日水着が切られなくて泣く泣くそのまま退部しましたし。。。」

部員C「今回だってマネージャーが説得してやっとでしょう?だいたいウチのマネージャーなんとかしてくださいよ。シャレんなんないっすよ。。。もっと、こう可愛いマネージャーと。。。」

写真部「おーい、始まったかー。」

テーマ:男の肉体美 - ジャンル:アダルト
女装 少年
前回のあらすじはコチラ

マサからのメールが届いた。

「来月の3連休は1泊で海へ行く。そのつもりでいろ。」

海。。。海で。。。ナニをされるんだろう。。。ミキオは、もちろん不安だったがミキオに質問する権利など無いことは知っている。返事はただ「はい。判りました。」だけだ。

ゲイ ウエディング


本日のお客様は、こちらも常連の”メイ”さん(18)。

テーマ:男の子のちんこ丸見え - ジャンル:アダルト

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ゲイ イラスト ブログ -男子美ログ-(18禁), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。